仮想通貨の節税方法はあるのか?

仮想通貨取引で気になる税金ですが、仮想通貨取引で発生した利益もしっかりと課税対象となります。

 

 

仮想通貨関連の利益に対する税金は「雑所得」という扱いになり、

 

 

利益額により税率が変動する累進課税が適用されます。

 

 

会社員の方でしたら、副業で利益が20万円以上発生した場合には確定申告が必要となります。

 

 

しかし、できるだけ支払う税金は抑えたいものです。ビットコイン取引において発生する税金を

 

 

うまく抑えるにはどうすればいいのでしょうか。

 

この記事の目次

  1. 税金をできるだけ安く抑える方法とは?
  2. 個人事業主として開業する
  3. 正しく知識をつけて賢く節税
  4. まとめ

1.税金をできるだけ安く抑える方法とは?

税金

税金はできるだけ抑えたい、と考えるのならば、合法的に考えて一番いい方法を考えるべきです。

 

 

まず、簡単に節税する方法として考えられるのが「ふるさと納税」です。

 

 

ふるさと納税で納税手続きを行えば、その土地の特産品がもらえるというのは有名な話です。

 

 

どうせお金を払う必要があるのならば、お金を自分の好きな自治体や災害被災地に寄付

 

 

という形で納めた方がいい、という人も多いでしょう。

 

 

そのうえで返礼としてその土地の特産品がもらえるとあれば、

 

 

普通に納税するよりも遥かにお得といえます。

2.個人事業主として開業する

個人事業主

 

実は節税で一番手っ取り早いのが開業してしまうことです。

 

 

いわゆる個人事業主になってしまうということですが、

 

 

個人事業主になれば、仮想通貨売買で必要となった経費を控除として計上することができます。

 

 

ビットコイン取引に関して控除が適用されそうな経費としては

 

・ネット通信費

・電気代

・家賃

・消耗品(パソコン関係)

・その他

 

他にもあるはずですが、とりあえず代表的なものとしてはこのような感じです。

 

 

開業するとなるとハードルが高そうなイメージがありますが、意外と申請自体は簡単です。

 

 

とりあえず白色事業者として開業しておけば、仮想通貨取引で利益が発生しても、

 

 

納める税金は最低限に抑えられる可能性は高まります。

 

3.正しく知識をつけて賢く節税

節税

 

ビットコインをはじめとする仮想通貨が課税対象となったことを受け、

 

 

税務署も仮想通貨関連の取引には目を光らせてくると思います。

 

 

仮想通貨対策としては上記に挙げたふるさと納税と開業手続きといった対応が、

 

 

一番手っ取り早くできる節税対策です。

 

 

他にもビットフライヤーのビットコインFXのシステムを使用した「両建て」という手法もありますが、

 

 

こちらは慣れないと少し難しい手法ですので今回は省きます。

 

4.まとめ

 

仮想通貨関係で1年間のうち20万円以上の利益が出ている人は確定申告が必要となります。

 

 

黙っていても大丈夫、というのは危険な考えです。

 

 

これだけ仮想通貨が騒がれてきている状況ですので、目をつけられてしまう前に、

 

 

合法的に節税対策を講じる方が得策です。