COMSAについて

仮想通貨界隈を騒がせたZaifの高騰、大暴落の問題ですが、

 

その一因となったのがCOMSAです。

 

 

COMSAとは「computer」のcom。日本語の「鎖(くさり)」を音読みにした「さ」の組み合わせを用いた造語です。

 

 

仮想通貨の根幹を成すシステム、ブロックチェーンをイメージした名前となっています。

 

 

Zaifの価値を一気に押し上げるほどのインパクトを与えたCOMSA。

 

 

このCOMSAとはいったい何なのか を今回は解説していきます。

 

この記事の目次

  1. COMSAとは何か?
  2. 資金調達の新しい形
  3. Zaif高騰の原因
  4. COMSAの情報は要チェック

1.COMSAとは何か?

comsa

COMSAに関してですが、これは解りやすくいうと、株でいうIPOを仮想通貨でやってしまおう、というわけです。

 

通常IPOというのは新規公開株を意味しており、上場前の未公開株を投資家に販売して資金を調達することです。

 

 

COMSAの場合、ICOICOは(initial Coin Offering)といって企業が株の代わりにトークンを発行し、

 

それを投資家に販売して資金調達をおこなうということです。

 

 

さらにCOMSAにてICOをおこなった企業には、ブロックチェーン技術の提供や、

 

トークンを用いたビジネスプランのサポート、法律関係のアドバイスまで貰えるなど、

 

COMSAからまさに至れり尽くせりのサービスを提供してもらえるらしく、

 

多くの企業がCOMSAでのICOに興味を示しているようです。

 

2.資金調達の新しい形

 

現在、Valuやクラウドファンディングなど、新しい資金調達方法が盛んになってきていますが、

 

仮想通貨を用いて資金を調達するICOも、現在、世界中で大きな注目を集めています。

 

 

しかし、ICOの注目が集まれば集まるほど、規制の方も厳しくなってきています。

 

 

高騰を続ける仮想通貨市場での資金調達、そして次世代型技術であるブロックチェーンを自社に取り入れたい。

 

 

と考える企業も多いです。しかしそこに参入するには厳しい規制をくぐり抜け、複雑な技術を理解する必要があり、

 

とても高い障壁がありました。

 

 

それをCOMSAがサポートすることにより、

 

より多くの企業がICOをおこなえるような環境をCOMSAはつくろうとしているのです。

 

 

そしてCOMSAは、2018年度の終わりまでに、20以上のICO案件を実現し、

 

1億ドル以上の資金調達を実施することを目標とする。と発表しています。

3.Zaif高騰の原因

 

Zaifを保持している人には、COMSAトークンが無償配布されるという噂が飛び交ったため、

 

Zaif市場は大混乱に陥り、あの大高騰、大暴落に繋がったわけですが、

 

COMSA自体が今後、大きく価値を上げていく可能性はとても高く、Zaifの乱高下から見てもわかるように、

 

多くの人が注目をしています。

 

 

結果、Zaif保持者はCOMSAトークンセールでの優遇措置が発表され、Zaifは再び高騰しており、当分この状態は続きそうです。

4.COMSAの情報は要チェック

COMSA

 

現在、COMSAはCOMSAトークンセールに参加するためのパスコードを発行しており、

 

既に70000人もの人達がこのセールに参加しようとしている模様です。

 

 

COMSAトークンセールの開始は2017年10月2日です。

 

いったいどれだけの人達がこのセールへの参加意思を示すのか検討もつきません。

 

 

今後の仮想通貨業界、及び一般企業社会を一変させる可能性があるCOMSAは要注目です。

 

 

5.まとめ

 

日本にもCOMSA以外にもICOを使って新しいことを使用としている企業はあります。

 

 

ですが、COMSAはどのICOよりも集まっている金額が大きくなるだろう考えられています。